木造住宅向け制振ダンパー・制振装置evoltz(エヴォルツ )|千博産業株式会社|耐震+制振|

STORYvol.2

SSダンパー【特許出願】バイリニア特性を有した油圧ダンパー(ショックアブソーバー)を
木造住宅の制振装置に応用する技術として特許出願済

進化の鍵、それは「真のバイリニア特性」にある。

「制振装置」は、地震の揺れを受けとめて吸収することで建物自体の揺れを弱めます。つまり、地震の力によって制振装置が移動(変形)する際に「減衰力」(抵抗する力)を発生して運動エネルギーを熱に変換し、振幅・加速度(衝撃)を小さくし、振動の収束を早めるしくみになっています。

減衰力の特性としては、揺れの大きさに比例して減衰力が増加する「リニア特性」や、揺れが大きくなると減衰力が尻上がりに増加する「プログレッシブ特性」などが挙げられますが、どちらの特性も揺れが小さい場合はほとんど減衰力を発生しないのがデメリットです。また、大きな揺れとともに建物の構造体が破損しはじめることや、過剰な力を発生して躯体にダメージを与えかねない点も課題が残ります。そこで当社では、これらの特性とは異なる「バイリニア特性」に着目しました。

「バイリニア特性」における減衰力は、構造物の動きの速度、つまり地震の揺れの大きさとは比例しません。小さな揺れの領域では大きな減衰力を発揮し、大きな揺れの領域では頭打ちとなります。
したがって、「バイリニア特性」は揺れの大小に関わらす適切な減衰力を発揮し、しかも建物の破損を防ぐことができます。つまり、長周期型地震や大地震後の余震の際にも有効な力を発揮できるのです。

「バイリニア特性」は、すでにビルや大型建造物の設計分野において注目を浴びています。一方、木造の一般住宅においてはコスト面や取付部のスペースなどの制約により「バイリニア特性」の採用が遅れているのが現状です。
しかし、この度当社では、ショックアブソーバーにおける世界のトップメーカー・ビルシュタイン社とのコラボレーションにより、秀逸な「バイリニア特性」を発揮するSSダンパーを実現。

業界を先駆けるクオリティ、それは、制振分野の発展に向けた躍進的な第一歩です。

SSダンパー
story一覧ページ
TOP▲