木造住宅向け制振ダンパー・制振装置evoltz(エヴォルツ )|千博産業株式会社|耐震+制振|

for BUILDER

BUILDER

日本の木造住宅に最上級の安心を。
木造住宅制震装置

evoltz

高耐久性を確保し、
繰り返しの余震にも確実に対応。

微小変形領域でのエネルギー吸収量をさらに増強し、
地震の衝撃による建物の構造部材の損傷が始まる前に防ぎます。

l220

「速く・強く・効く」ことが、
住宅にとって大切な理由!

揺れ幅が15mm(1/200rad)の時に何が起こるのか?

揺れの大きさと建物への影響の表

地震発生時、壁の内部では上記のような「破壊」が進んでいきます。
これら現象が起こる前に「減衰」させることが「長寿命」のために必要です。

1/200rad 減衰させることが困難と言われる領域
揺れの大きさと建物への影響の図

制振実験結果

公的期間おいて実験と検証を繰り返し、evoltzシリーズは開発されています。
evoltz L220は単体でのエネルギー吸収量に加え、
耐力壁(構造用面材)に設置した場合においても
非常に大きなエネルギー吸収量があることを検証済みです。
この性能によりあなたの家をいつまでも守ります。

  • 架構+制振装置(evoltz L220)履歴特性

    架構+制振装置(evoltz L220) 履歴特性

  • 架構+制振装置(evoltz L220)軸力換算 履歴特性

    架構+制振装置(evoltz L220)軸力換算 履歴特性

『耐久性』を裏付ける各種性能試験

千博産業では製品の信頼性を確率するために、
使用環境において耐え得る、限界までの試験を行っています。

  • 100万回の耐久試験
    何度もくる余震、繰り返しの作動でも
    性能低下がなく、振動エネルギーを何度でも吸収します。
    100万回の耐久試験
  • 様々な環境を想定した温度試験
    四季のある日本でも、真夏や氷点下の壁の中は
    過酷な状況。使用環境温度領域(-20~80℃)
    様々な環境を想定した温度試験

「最適配置」、「最大効果」。

初代モデルevoltz S042はコンパクトで配置の自由度が高く、
窓やドアの上などに配置できます。
リフォームや設計条件によって、
evoltz L220が取り付けられない場合に
建物の構造全体との関係性を検証したうえで導入します。

s042

簡単施工で
1棟あたり1時間程度

延床面積35坪の建物での標準仕様本数は
S042は12本、L220は6本。
(間取りや構造によって併用の場合もあります。)
約1時間程度で施工が出来ます。

簡単施工で1棟あたり1時間程度
TOP▲