木造住宅向け制振ダンパー・制振装置evoltz(エヴォルツ )|千博産業株式会社|耐震+制振|
evolog -エヴォログ-

制振ダンパーは意味がないのか?地震対策の疑問について解説

住宅の地震対策には構造から考えるものや装置を取り付けることで講じるものなど様々な種類があります。制振ダンパーもこの一種です。

しかしながら「制振ダンパーは意味がないのではないか?」という疑問がインターネット上で散見されており、効果について懐疑的な方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、この制振ダンパーの考え方や効果について解説していきます。これから住宅を建てる際や既存の住宅への地震対策知識として役立つはずですので、ぜひご一読ください。

制振ダンパーとは
制振ダンパーとは文字どおり「振動を制する」ためのものであり、建築物自体やその構造が地震などによって振れてしまうことを抑える装置のことを指します。 構造内に組み込んだダンパーと呼ばれる装置が揺れに合わせて変形することによって、その振動エネルギーを吸収し、揺れを減衰させる効果があります。

制振ダンパーにはゴムや樹脂系、金属系、油圧系など素材や仕組みに様々な種類があります。いずれも揺れに対して変形して作用し、地震エネルギーを吸収してくれるという効果は同じです。

耐震構造があれば問題ないのか
「耐震構造」という言葉は、住宅に関する情報としてよく耳にされると思います。地震の揺れに対しても耐え得る頑丈な構造を指します。いわゆる「堅い家」を体現する構造で、耐震という考え方には耐震等級という基準も存在するほど主流なものとなっています。

この耐震構造に関して、「耐震構造が十分であれば地震対策としては問題ないのでは」という考えを持たれるかもしれません。この疑問への回答は明確に「No」です。

建築基準法も満たし耐震構造も備えた住宅であっても、実際に近年の大型地震で倒壊や内部の破壊によって住めなくなった住宅が多く発生した事実があります。

耐震の堅さは繰り返す揺れに弱い
これは何度も発生する揺れによって最終的に破壊や破損が発生してしまったという点に原因がありました。耐震構造は非常に重要ではありますが、耐震は堅さを増す反面、衝撃を逃がせず負荷が高まるというウィークポイントがあります。そのため繰り返す余震によって構造自体が変形・損傷する可能性が高いものなのです。

そもそも建築基準法における「耐震」の定義は、「震度5以下の中規模な地震に対しては大きな損傷はしない。また、震度6以上の大地震に対しては、居住者の生命を守る(倒壊しない)こと」とされています。

つまり定義上、決して「家が一切壊れないようにする」ことまでは定めておらず、余震への考慮はされていません。

制振ダンパー単体では意味ない?耐震とのセットが効果的

今回解説している制振ダンパーは各ハウスメーカーなどでも採用されています。

しかしながら、制振ダンパーをただ取り付ければ安心というものではありません。制振ダンパー単体だけでは十分な「意味」はなく、耐震構造とセットで組み込むことで最大の効果を発揮します。

制振ダンパーが揺れの衝撃を吸収し、堅く頑丈な構造を変形させず守り続けられる住宅。

いわば「剛」と「柔」を併せ持った住宅が求められるのです。

3mmの揺れにもしっかり働く制振ダンパー
『evoltz(エヴォルツ)』

制振ダンパーには多くの種類や製品が存在します。その中できわめて信頼性が高く、効果を期待できるダンパーとして「evoltz(エヴォルツ)」をご紹介します。



「evoltz」は耐震構造と併せて用いる前提で最大限の効果を発揮する制振ダンパーで、以下のような特徴があります。

・ビルシュタイン社の技術と特許技術「バイリニア特性」
・わずか3mmの揺れから効き始め余震・共振に対応
・既存の伝統構法建築や耐震リフォームなどにも採用可能

ビルシュタイン社の技術と特許技術「バイリニア特性」
「evoltz」は、世界の多くの自動車メーカーがトップモデルに採用するショックアブソーバーのメーカー「ビルシュタイン社」の持つ品質・信頼性の高い技術を採用しています。そのため、振動への働きという点で世界トップクラスの制振ダンパーとも言えるでしょう。

また、小さな揺れの領域から大きな減衰カを発揮し、大きな揺れの領域でも減衰力をそのまま維持するという、特許技術「バイリニア特性」も取り入れています。

わずか3mmの揺れから余震・共振にも効果を発揮
「evoltz」最大の特徴はその効果です。わずか3mmという、通常人が感知し始める小さなレベルの揺れにおいても効果を発揮します。

バイリニア特性により「evoltz」 は小さな揺れの段階から効果を発揮し、余震による構造部材の傷みを軽減します。100 万回の作動試験を開発時に実施し、耐久性にも問題ありません。

また、耐震構造だけでは防げない共振(地震の周期と建物の固有周期が一致した場合に発生する現象で、揺れに従って振幅が次第に増加していき倒壊につながる)の振れ幅も抑制することが可能性なので、様々な揺れに対して柔軟に働きます。

実際に「evoltz」の性能を確認できる動画がありますので、以下をぜひご覧ください。
>>evoltz比較実験の動画

既存の伝統構法建築やリフォームなどにも採用可能
「evoltz」は新築住宅のみへの設置だけではありません。既存の住宅にも取り付けが可能です。伝統構法の老舗旅館や神社、寺院に設置した実績も存在します。

また、耐震リフォームにももちろん対応可能で、窓やドアなどの開口部の上部にも設置できる間取りへの制約が無い小型タイプや、天井・床を剥がすことなく施工可能なタイプも用意されています。既存住宅や建造物への対応可否については、事前にお問い合わせください。

まとめ
住宅メーカーからオプションとして提案されることも増えてきている制振ダンパー。知識が無いと果たしてそれが本当に必要かどうか判断が難しいものです。

この記事によって理解が深まり、ご自身の住宅への参考にしていただければ幸いです。

また、ご紹介した「evoltz」に関して少しでも気になるという方は、いつでもご相談やお問い合わせを受け付けています。以下のサイトより気軽にご連絡ください。
>>制振ダンパー『evoltz』の詳細はこちら

木造住宅向け制振ダンパー・制振装置evoltz(エヴォルツ )|千博産業株式会社|耐震+制振|
TOP▲